【天気の良い土曜の昼は昔を懐かしむ】

生温かい豚の角煮
TOP PAGE >

そよ風の吹く日曜の夜にお酒を

ネットでニュースをいつも見るけれど、新聞を読むのも前は好きだった。
現在は、0円で閲覧できるインターネットニュースが多くあるので、新聞はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短い時間で大量の内容を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで見やすいことはある。
一般的な情報から関連した深いところを調べやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国のデフォルトになるかもという話題が気になる。
債務不履行状態になるわけないと思うけれど、仮になったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

前のめりで踊る母さんと暑い日差し
子供の4歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントをどういったものにしようかを悩んでいる。
妻と話して、体で遊ぶ遊具かためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決められないので、ものを見に行って選ぶことにしたけど、これだというものがない。
けど、こどもに触らせてみたら、あっさりと決めることができた。
ジャングルジムに夢中だったから、これに決めた。
ただ、今のアパートが狭いので、小さめのコンパクトなやつにした。
価格もなかなかリーズナブルだったので、よかった。

じめじめした週末の夕暮れは友人と

ある夏の昼。
少年は外で、蟻の行列が虫の死骸を運んでいるところをじっくり見ていた。
アリ達は一生懸命働いているのだが、虫の死骸ひとつでこんなにもいっぱいの蟻がいたって、意味が無いんじゃないのかと、少年はいぶかしんだ。
少年は、蟻たちに水をかけたらどうなるだろう、という好奇心がわいてきた。
でも、今日はだまって観察し続けることに決めた。
暑い夏の日だったので、少年の汗がダラダラと流れ、雫となって蟻たちの近くに落ちた。

天気の良い火曜の午後にゆっくりと
少年は真夜中の3時に起きてしまった。
夏休みが始まって1週間ほど経った夏のことだった。
暑さのあまり熟睡できなかったのだろう。
扇風機はぬるい風しか送ってこず、ちっとも涼しいとは思えない。

暑くて寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好物のカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開け、野菜と肉を切りそろえ、炒め、そして煮込んだ。
空が白んできた頃、少年の家からは、スパイシーなカレーの香りが漂っていた。

熱中して走るあいつと夕立

挨拶用でいくつかスーツ用のYシャツを持っているけれど、絶対選ぶ時に多く試着してしまう。
それ程、着てみた感じにこだわってしまうのも珍しいと感じていた。
そんな時に、仕事先で、Yシャツは特注でという方がいらっしゃったので、心外だった。
けれど、Yシャツひとつでカッコよく見えるので、いいかもと思った。

どしゃ降りの水曜の午前にビールを
人々のおおよそは水分だという研究結果もありますので、水の摂取は一人の人間の基礎です。
水の摂取を怠ることなく、お互いに元気で楽しい夏を満喫したいですね。
輝く光の中より蝉の鳴き声が聞こえてくるこの時期、いつもそんなに出かけないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策について気になる方が多いのではないでしょうか。
夏のお肌のケアは秋に出るといいますので、やはり気にしてしまう所かもしれません。
そして、誰もが気を使っているのが水分摂取に関してです。
ましてや、いつも水分のとりすぎは、良いとは言えないものの夏の時期は少し例外かもしれません。
その理由は、多く汗を出して、気付かない間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自分自身の様態も影響するかもしれません。
ひょっとして、自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑いときの水分補給は、次の瞬間の体に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
ちょっとだけ歩く時も、小さなもので大丈夫なので、水筒があればとても便利です。
人々のおおよそは水分だという研究結果もありますので、水の摂取は一人の人間の基礎です。
水の摂取を怠ることなく、お互いに元気で楽しい夏を満喫したいですね。

ノリノリでダンスするあの子と冷たい肉まん

たばこは脳に百害あって一利なしだ。
と言ったことは、指摘されても買ってしまうという。
正社員として働いていた時代、業務の関係で会ったIT企業の重役のおじさん。
「身体が病気一つしないのは喫煙と日本酒のおかげです!」なんてハキハキと言っていた。
これくらい聞かされるとストレスのたまる脱ニコチンはしなくてもOKかもしれないと思う。

気どりながら泳ぐ兄さんとよく冷えたビール
夕方、時間に余裕があったので、CD屋さんに来店した。
新しくウォークマンに挿入する楽曲を探し出すため。
現在進行形で、かなり聞いたのが西野カナさん。
いつも習慣になっているのが洋楽。
アメリカ人以外の作品もクールだと近頃思う。
なので、今日は借りたのは、シャルロット・ゲンズブールだ。
甘いボイスと仏語がカッコイイと思う。

熱中して熱弁する先生とオレ

出張の暇つぶしに、ポーラ美術館に入って以来、あの場所に虜にされている。
思ってもいなかったのは、単独でゆっくり観賞しに来ている方も少なくなかったこと。
なのでわたしも、一人でも行けるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、催し物がとても以来私も、一人でも行けるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、企画展示がとてもあの有名な横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の展示が多数ある。
どんな人かと言えば、あの週刊誌、新潮の表紙絵の作家だ。
それ以外でも、日光猿軍団の近くにある、夢二美術館でたくさんのカードを購入したことも。
今までずっと、美術館にはなにかと素敵な時を過ごさせてもらっている。

控え目に口笛を吹く母さんと夕立
太宰の人間失格を読んで、主人公の葉ちゃんの感情も理解できるな〜と思った。
主人公の葉ちゃんは生活するうえで誰しも抱いている部分を、大いに持ち合わせている。
そういった部分を、自分の中だけに秘めないで、お酒だったり女性だったりで解消させる。
ラストで、居酒屋のママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
そこで、主役の葉ちゃんは要領がよくないんだと、本当に切なくなってしまう。

サイト内メニュー

ただいまの時刻


サイト内メニュー


ちょっと「発泡酒」のことを考えてみない?さほど敬遠するような問題ではないと思うんだよ、「竹馬の友」に関してはね。

Copyright (C) 2015 生温かい豚の角煮 All Rights Reserved.

ページの先頭へ